日本陸上競技連盟小史

1973〜1993

1973昭和48年

フィリピン・マニラで第1回アジア陸上競技選手権大会が行なわれる。

1975昭和50年

日中対抗陸上が始まる。
河野謙三日本陸連会長が日本体育協会会長に就任。

1976昭和51年

第21回モントリオールオリンピック大会開催。日本からは男子13名、女子2名が参加。

1977昭和52年

日本陸連がアマチュア規則を改正し、ゼッケン広告を承認。
第1回ワールドカップがデュッセルドルフで開催される。
国際陸連(IAAF)総会で日本陸連・安田誠克理事が評議員に選出される。

1978昭和53年

8カ国陸上(日本・アメリカ・西ドイツ・イギリス・フランス・イタリア・ポーランド・ソ連)が開催される。この大会はスポンサーの名称を冠する初の「冠(かんむり)大会」となった。

1979昭和54年

アジア陸連(AAAA)総会で安田誠克・日本陸連副会長がアジア陸連会長に就任。

1980昭和55年

第22回モスクワオリンピック大会開催。日本は政治的理由で選手団を派遣せず、不参加となる。

1983昭和58年

フィンランドのヘルシンキで第1回世界陸上競技選手権大会が開催される。日本からは男子14名、女子6名の選手が参加。

1984昭和59年

第23回ロサンゼルスオリンピック大会開催。日本からは男子16名、女子6名が参加。

1985昭和60年

第1回ワールドカップマラソン大会が広島で開催され、日本の中山竹通選手が2位に入る。 ユニバーシアード神戸大会が開催される。 青木半治・日本陸連会長がオリンピックオーダー・銀章を受章する。

1988昭和63年

第24回ソウルオリンピック大会開催。日本からは男子23名、女子6名が参加。

1990平成2年

田島直人氏がオリンピックオーダー・銀章を受章する。

1991平成3年

東京で第3回世界陸上競技選手権大会を開催。男子マラソンで谷口浩美選手が金メダル、女子マラソンで山下佐知子選手が銀メダルを獲得した。
国際陸連(IAAF)総会が東京で開催され、青木半治・日本陸連会長が国際陸連副会長に選出される。
アジア陸連総会(AAAA)で安田誠克アジア陸連会長が名誉会長に、佐々木秀幸日本陸連理事がアジア陸連副会長に選任された。

谷口浩美
谷口浩美
1992平成4年

第25回バルセロナオリンピック大会開催。日本からは男子24名、女子9名が参加。男女のマラソンで森下広一選手、有森裕子選手がそれぞれ銀メダルを獲得した。

男子400mで8位に入賞した高野進
男子400mで8位に入賞した高野進
有森裕子
有森裕子
森下広一
森下広一
1993平成5年

第1回東アジア競技大会が中国・上海で開催される。
青木半治・日本陸連会長が日本体育協会名誉会長に就任。
第1回世界ベテランズ陸上競技選手権大会が宮崎で開催され、世界78カ国・地域から12,175人が参加。
シュツットガルトで行われた第4回世界選手権、女子マラソンで浅利純子が金メダル、安部友恵が銅メダルを獲得。

写真提供:フォートキシモト

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor

  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構