2017.07.02(日)大会

【アジア選手権】日本代表選手より大会への意気込み

第22回アジア陸上競技選手権大会に向けて各選手より、大会に向けた「想い」「意気込み」をいただきました。

 尚、今大会の優勝者はIAAFのエントリールールに基づき、第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)の参加標準記録突破と同等の資格を有することとなります。

【女子】
▼中村 水月(大阪成蹊大学)
少しでも良い結果を残せるように頑張ります!

▼前山 美優(新潟医療福祉大学)
初めてのアジア選手権ですが、決勝の舞台で走れるように、しっかりと準備をして万全な状態で臨みたいです。

▼西尾 香穂(甲南大学)
自分の中の最高の走りをして、チームに貢献すること!

▼市川 華菜(ミズノ)
自分の力を最大限に発揮し、頑張ります!

▼青山 聖佳(大阪成蹊大学)
今回アジア選手権に出場させて頂きます。自分の力を精一杯発揮出来るよう試合に臨みます。

▼大森 郁香(ロッテ)
2大会連続で日本代表に選んでいただきました。表彰台を目指して、頑張ります。応援よろしくお願いします!

▼池崎 愛里(順天堂大学)
今のベストを尽くし、自分の走りをしたいです!収穫ある大会にします。

▼陣内 綾子(九電工)
メダルが獲れるよう、頑張ります!

▼田中 希実(西脇工業高校)
日本代表として走れることを楽しみ、世界レベルの選手の胸を借りて自己ベストを目指し頑張ります!

▼小井戸 涼(日立)
国際大会は初めてですが、積極的にトップの選手と勝負できるように精一杯頑張ります。

▼松田 瑞生(ダイハツ)
最後まで諦めない粘り強い走りをします!

▼堀 優花(パナソニック)
初の国際トラックレースなので、自分の力を精一杯出して上位に入れるようにがんばりたいです!

▼紫村 仁美(東邦銀行)
優勝・記録を狙います!

▼木村 文子(エディオン)
日本記録の更新と優勝目指して頑張ります。

▼青木 沙弥佳(東邦銀行)
優勝目指し、全力を尽くしたいと思います。

▼吉良 愛美(アットホーム)
過去2大会では銀メダルだったが今大会では金メダルを獲得し、世界選手権に繋げられるような記録を出したい。

▼佐藤 奈々(スターツ)
代表に選んでいただけたことや、日々支えてくださっている方々への感謝を胸に、精一杯走りぬきます。

▼秦 澄美鈴(武庫川女子大学)
自分の納得のいく跳躍を目指し、日本代表として胸を張って精一杯頑張りますので応援宜しくお願い致します。

▼仲野 春花(早稲田大学)
ベストパフォーマンスをし自己ベスト、入賞目指して頑張りたいと思います。

▼我孫子 智美(滋賀レイクスターズ)
自分の跳躍ができるように頑張ります!

▼竜田 夏苗(ニッパツ)
アジア選手権という舞台で、自己ベストを更新できるよう、精一杯がんばります!

▼桝見 咲智子(九電工)
2013年アジア選手権(インド・プネー)での優勝を再び実現させ、世界選手権への切符を手に入れたい。

▼清水 珠夏(城北信用金庫)
初めてアジア選手権に出場します。挑戦者という気持ちで思いきって跳びたいと思います。

▼宮坂 楓(ニッパツ)
海外での試合でもいつも通りの自分らしい跳躍をして上位争いができる楽しい試合をしてきます!

▼太田 亜矢(福岡大学)
アジア選手権という大きな舞台でもしっかり自分の投げをする。

▼郡 菜々佳(九州共立大学)
アジアの舞台で、自分の今出せる力を出し切れるよう、精一杯頑張ります。

▼中田 恵莉子(四国大職)
出場させていただけることに感謝し、全力を尽くしたい。

▼勝山 眸美(オリコ陸上部)
5年ぶりの日本代表!「世界で活躍する選手」といった夢への第一歩、精一杯頑張ります!

▼渡邊 茜(丸和運輸機関)
日本記録の更新と、アジアチャンピオンになり世界選手権への切符を手に入れます!

▼宮下 梨沙(大体大T.C)
ベストを出して優勝します!!

▼ヘンプヒル 恵(中央大学)
日本選手権で果たせなかった6000点越え、そして世界選手権出場への切符を勝ち取りたいと思います。

▼宇都宮 絵莉(長谷川体育施設)
自分らしい競技が出来るよう、最後まで一生懸命がんばります!

>男子コメントはこちら
>代表選手、大会情報はこちら

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor

  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構