2017.11.10(金)選手

円盤投新旧日本記録保持者、川崎氏、堤選手が日本陸連を訪問


 11月9日、男子円盤投の前日本記録保持者の川崎清貴氏と、現日本記録保持者の堤雄司選手(群馬綜合ガードシステム)が本連盟の横川会長を表敬訪問いたしました。

〝最古の日本記録”と言われていた男子円盤投の記録は川崎さんが大昭和製紙所属時代に出した60m22㎝。それを堤選手が本年8月18日の関東選手権で60m54cmと上回り、さらに9月23日の全日本実業団にて60m74㎝と記録を伸ばし、現在の日本記録となりました。

 訪問中言葉を交わす中で堤選手に対して横川会長は「精神的にも強そうだから海外でも物怖じすることが無いだろうし、どんどん経験を積まれたら強くなりますね、これからますます楽しみですね」と期待を寄せていました。

 川崎氏から堤選手へは「(日本記録樹立に関して)良くやってくれたと思いました。負担にならずに楽しんでやってもらいたいですね、苦にならないように。記録を伸ばすことを楽しみになるようにやってもらいたいです」と言葉を送り、堤選手は今後の目標に関して「もちろん、世界の舞台で活躍できるように、今の記録をもっともっと伸ばして、川崎さんの記録がより偉大になるように僕も頑張っていきたいと思います」と語りました。

写真提供:月刊陸上競技

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor

  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構