2018.06.07(木)大会

【アジアジュニア】女子10000mW 2位 藤井菜々子選手(エディオン)コメント



■日本選手コメント(ダイヤモンドアスリート

女子10000mW 2位45分24秒35=大会新記録
藤井菜々子選手(エディオン)
今回は、最後までついていって勝負するという想定で、タイムよりレース内容を意識していた。余裕を持って最後まで行けたことが、一番よかったと思う。10000mのトラックレースは2回目で、1年半ぶり。45分24秒35は大幅な自己新記録で、これで44分台も見えてきた。今後は、このタイムで20kmまで持っていければいいと思う。
次の試合は、代表に選ばれたらU20世界選手権となる。出場することになったら、44分台を出して、メダルを取りたい。
今大会メダル第1号ということで、メダルを取れてほっとしている。しかし、第1号は金メダルが良かったと思うので、みんなにちょっと申し訳ない気持ちもある。この勢いで、みんなに金メダルを取ってもらいたい。


■第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会
開催日:2018年6月7日(木)~10日(日)
会場:岐阜・岐阜メモリアルセンター長良川競技場

第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会特設サイトはこちら
http://www.jaaf.or.jp/ajac/18/


インターネットLIVE配信はこちら
http://www.jaaf.or.jp/ajac/18/live/

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor

  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構