2018.06.09(土)大会

【アジアジュニア】女子4×100mR 2位日本チーム各選手(吉田唯莉、山田美来、奥村ユリ、兒玉芽生)コメント



■日本選手コメント(メダリスト)

女子4×100mR 2位 45秒94
日本(吉田唯莉、山田美来、奥村ユリ、兒玉芽生)
・1走:吉田唯莉選手(筑波大)
2位ですごい悔しいが、日の丸を背負って戦えたことは、自分にとっての大きな経験。これからにつなげていきたいと思った。
・2走:山田美来選手(日本体育大)
自分の走り的には普通だったが、2~3走のバトンパスで、引っ張られすぎたかなという感じはあって、(うまくいかなかったことが)少し悔しいけれど、このメンバーでメダルを取れたのでよかった。

・3走:奥村ユリ選手(青山学院大)
自分の走りとしては、悪くはないコンディションだったが、このメンバーで金メダルを目指せたということが、とてもいい経験だと思っている。結果は銀メダルだったけれど、このチームでバトンをつなげて、とても楽しかった。

・4走:兒玉芽生選手(福岡大)
走りとしては、(3位になった)昨日の100mもあるし、悪くはなかったと思う。ただ、金メダルを取ろうとチーム全体が考えていて、それに向けて調整してきたので、そこで取れなかったことが悔しい。しかし、自分たちの力が分かったので、この悔しい思いを忘れずにシニアになったときに戦えるよう頑張ろうと思った。

--
■第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会
開催日:2018年6月7日(木)~10日(日)
会場:岐阜・岐阜メモリアルセンター長良川競技場

第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会特設サイトはこちら
http://www.jaaf.or.jp/ajac/18/

インターネットLIVE配信はこちら
http://www.jaaf.or.jp/ajac/18/live/

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor

  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構