日本陸連は、2020年東京オリンピックのマラソンにおいてメダルを獲得するため、これまでの実績と課題を基に、オリンピックに向けた強化とリンクした新たな選考方法を実施します

2017年夏から「マラソングランドチャンピオンシリーズ」をスタートさせ、「マラソングランドチャンピオンレース」で2枠「マラソングランドチャンピオンファイナルチャレンジ」で1枠を決定します

※詳細な条件はこちら

MGCマラソングランドチャンピオン
(レース/ファイナルチャレンジ/シリーズ)

マラソングランドチャンピオン(MGC)シリーズスタートまで

東京オリンピックマラソン代表選考の流れ

日本陸連は、2020年東京オリンピックのマラソンにおいてメダルを獲得するため、これまでの実績と分析を基に、新たな選考方法を実施します

東京オリンピックマラソン代表選考の流れ

2017年夏~

「マラソングランドチャンピオンシリーズ」(MGCシリーズ)

東京オリンピック代表に向けた第一関門となります

国内の男子5大会(北海道マラソン、福岡国際マラソン、別府大分毎日マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソン)、
女子4大会(北海道マラソン、さいたま国際マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソン)を指定競技会とします

2017年夏からオリンピックの代表選考は始まります

開催期間は、2017年夏~2019年春(2017-2018シリーズ、2018-2019シリーズ)で実施します

レース毎の順位とタイムをクリアすると「マラソングランドチャンピオンレース」への出場権を得られます

2019年9月以降の開催を予定しています

MGCシリーズ以外で、ワイルドカードにて条件を満たすと、MGCレースに出場権を得ることができます

2019年9月以降

代表を決定する「マラソングランドチャンピオンレース」(MGCレース)

男女代表のうち、2枠を決定する代表選考のレースです

優勝すれば、東京オリンピック代表に内定します

2位、3位のうち「MGCレース派遣設定記録」を突破した最上位者が代表に内定します

「MGCレース派遣設定記録」突破者がいない場合は、2位の選手が自動的に代表に内定します

早期に決定した2名は、オリンピックに向け十分な準備期間を得ることができます

2019年冬~2020年春

残り1枠を決める 「マラソングランドチャンピオンファイナルチャレンジ」(MGCファイナルチャレンジ)

派遣設定記録を上回り、最も速いタイムを出した選手1人が代表に内定します

派遣設定記録は2019年5月に決定します。
突破する選手がいない場合は、「マラソングランドチャンピオンレース」で2枠に入らなかった次点のランナーが選ばれます

2019年冬から2020年春にかけて実施します

対象となるのは、男子3大会(福岡国際マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソン)、
女子3大会(さいたま国際マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソン)です

2020年東京オリンピック出場

関連動画・資料