2018.03.22(木)その他

記録と数字からみた「9秒98」や「9秒台」についての“超マニアックなお話” 第2回「桐生選手のトップスピードは時速42.0㎞」



「表1」「図1」は、スポーツ紙や陸上専門誌、あるいはネット上でもすでに紹介されているが、日本陸連科学委員会が測定したデータである。

【表1/桐生選手の最高速度とその出現区間、総歩数】

2013.04.292016.08.132017.04.292017.06.232017.09.09
織田記念リオ五輪織田記念日本選手権日本学生
決勝予選決勝準決決勝
10.0310.2310.0410.149.98
2.7-0.4-0.3-0.21.8
11.65m/s11.20m/s11.42m/s11.38m/s11.67m/s
40~50m55m55m55m65m
47.4歩48.2歩48.0歩48.0歩47.3歩



【図1/2017年の3レースでの走速度・ピッチ・ストライド曲線】
・●印は、最高速度が出現した地点を示す


上記の通り、9秒98の時の最高速度は「11.67m/s」で時速に直すと「42.0㎞」。その出現地点は「65m付近」だった。

日本陸連科学委員会が1991年から2016年までに蓄積してきた国内外の200人を超える選手(延べ919回。9秒58~11秒58で追風参考記録も含み、その平均と標準偏差は10秒44±0秒22)の最高速度(X。m/s)と記録(Y。秒)の関係を示す一次回帰式は、

Y=-0.7270X+18.47

r=-0.966

P<0.001

である。

その相関係数(r)は、「-0.966」で統計学的にみて非常に高い負の相関が認められる(0.1%水準)。この「X」に9秒98の時の最高速度「11.67m/s」を代入すると、その推定記録は「9秒99(9秒986)」となる。実際の記録とは、100分の1秒の差だ。

また、上記の延べ919回のデータのうち、公認条件下での自己ベストに限るとその対象は207人で、回帰方程式は、

Y=-0.7378X+18.60

r=-0.974

P<0.001

この式に「11.67m/s」を当てはめると、やはり「9秒99(9秒990)」という数字が出てくる。

また、最高速度の出現地点は以前は「55m付近」あるいは2013年の織田記念(決勝/10.03 +2.7)では「40~50m」だったが、今回は「65m付近」で後方にシフトした。



世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)をはじめとする、9秒台の選手では、60~70mの区間でトップスピードに達することが多い。筆者が各種の資料から調べた9秒台の選手の計22件のデータによると、最高速度の出現地点は、「45m地点」が1件(4.5%)、「55m地点」が7件(31.8%)、「65m地点」とそれよりもあとを合わせると14件(63.6%)だった。

一方、10秒台の日本人選手では、8割以上が「55m地点」かそれよりも前の地点で最高速度に達している。トップスピードに達する地点が後ろになれば、フィニッシュまでの減速区間が短くなり、それだけ最終的なタイムのアップにもつながるものと考えられる。その点からしても、9秒98の時の桐生選手のスピード曲線は「9秒台の選手」のレース展開であったといえよう。

ちなみに、ボルトが9秒58の世界記録で走った時(2009年ベルリン世界選手権)のトップスピードは、国際陸連の資料によると70~80mを0秒80で走っていて秒速は「12.50m」、時速「45.0㎞」である。


★<第3回>
・桐生選手のピッチ、ストライドの年別の変化
・日本歴代上位選手とのピッチ・ストライドの比較
に続く...

※記録情報は2017年12月31日判明分
文:野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)

写真提供:フォート・キシモト

記録と数字からみた「9秒98」や「9秒台」についての“超マニアックなお話”
▼第1回「世界記録と日本記録の進歩は?」 
http://www.jaaf.or.jp/news/article/11324/
▼第2回「桐生選手のトップスピードは時速42.0㎞」
http://www.jaaf.or.jp/news/article/11327/
▼第3回「桐生選手のピッチ、ストライドの年別の変化/日本歴代上位選手とのピッチ・ストライドの比較」
http://www.jaaf.or.jp/news/article/11337/
▼第4回「「初9秒台」の以前とその後」
http://www.jaaf.or.jp/news/article/11338/
▼第5回「世界の9秒台選手の特徴」
http://www.jaaf.or.jp/news/article/11367/
▼第6回「「9秒台」の時の「風速」」
http://www.jaaf.or.jp/news/article/11366/
▼第7回「桐生選手に続く日本人選手の「9秒台」の可能性」
http://www.jaaf.or.jp/news/article/11368/
▼第8回「五輪&世界選手権の「ファイナリスト」への条件」
http://www.jaaf.or.jp/news/article/11369/

▼2018年4月~「日本グランプリシリーズ」が始まります!
http://www.jaaf.or.jp/gp-series/

▼5月20日(日)「セイコーゴールデングランプリ陸上2018大阪」開催!
http://goldengrandprix-japan.com

▼6月24日(金)~26日(日)「第102回日本陸上競技選手権大会」開催!
http://www.jaaf.or.jp/jch/102

関連選手

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor

  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構