2018.06.09(土)大会

【アジアジュニア】男子3000mSC 2位 吉田 匠選手(早稲田大)コメント


■日本選手コメント(メダリスト)

男子3000mSC 2位 8分52秒79
吉田 匠選手(早稲田大)
8分50秒を切って、最低限メダルを取りたいと考えていた。思ったよりもペースが上がらず、日本チームということで、嵐(山本)と打ち合わせて引っ張っていく展開で進めた。
それでもペースが上がらず、前半はタイム的には想定外という感じになったので、後半にペースが上がることはわかっていたが2000mから前に出た。その結果、カタールの選手についてこられて逆転されてしまった。レースの運び方のミスと、あとは走力が足りなかったなと思う。チームということでは、自分のほうが年上なので、一緒にメダルを取れるような走りがしたかった。自分のレースで精一杯になってしまったことも悔しく思う。

--
■第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会
開催日:2018年6月7日(木)~10日(日)
会場:岐阜・岐阜メモリアルセンター長良川競技場

第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会特設サイトはこちら
http://www.jaaf.or.jp/ajac/18/

インターネットLIVE配信はこちら
http://www.jaaf.or.jp/ajac/18/live/

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor

  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構