2018.06.23(土)大会

【第102回日本選手権】男子やり投 1位 新井涼平選手(スズキ浜松AC・静岡)コメント



男子やり投 1位 77m88
新井涼平選手(スズキ浜松AC・静岡)

試合にならなかった。残念すぎる。大会に向けての状態はとてもよく、今日もサブトラック(でのウォーミングアップ)で、84mくらい飛んでいたので、「行けるな」と思っていたのだが、なにかちょっとずれてしまった。速いスピードのなかでは、まだまだ(技術が)安定していないのかなと思う。もったいない試合をしてしまった。1投目の入り(72m75)がすべてを決めてしまったかなという印象。悔しい。
先月の田島記念で80m台(80m60)をマークしてから、今日、ここ(競技場)に入ってくるまでとても順調に行っていた。しっかりと脚も使えるようになり、80mはいつでも行く状態になっていたのだが…。(今日の内容を)コーチとしっかり話し合ってみたいと思う。
(昨年から苦しんでいた)首の故障は治って、痛みもなくなり、ちゃんと練習もできている。それが試合で出ないだけ。(優勝記録となった)77m88も、(やりが)手から抜けてしまって、身体が開いて、(身体の)軸の上で投げることができていない投てきだった。そういう最悪の状態のなかでも77mは投げられているという感じなので、もっとしっかり練習したいと思う。

--
■第102回日本陸上競技選手権大会
開催日:2018年6月22日(金)~24日(日)
会場:山口・維新百年記念公園陸上競技場

第102回日本陸上競技選手権大会特設サイトはこちら
http://www.jaaf.or.jp/jch/102/

関連選手

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社
  • 丸大食品株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構