委員会情報

施設用器具委員会

施設用器具検定の派遣費用について

本連盟では派遣費用は、下記の通り本連盟の旅費規程に定められており、申請者の負担でお願いしているところでございます。この費用につきましては、本連盟から派遣された者に支給する事にしておりますので、検定員、技術役員への直接の支払いは不要です。後日、本連盟事務局より派遣費用の請求をさせていただきます。
なお、別紙の派遣費用確認書を検定(指導)終了時に派遣された者にお渡しください。

☆支給基準

  • 自宅の最寄り駅(もしくはバス停)から目的地までの陸路往復、最速陸路5時間以上の場合、空路(往復旅客運賃)により旅費を支給。
  • 普通急行列車を運行する線路による旅行で片道50km以上の場合は指定席急行料金を、特別急行列車を運行する線路による旅行で片道70km以上の場合は指定席特急料金を、新幹線を運行する線路による旅行にあっては片道100km以上の場合は新幹線指定席特急料金(東海道・山陽新幹線はのぞみを適用)を支給する。
宿泊を伴わない派遣
区分 日当 作業手当 宿泊費 旅費
検定員 5,000円 基=7,000円
特=5,000円
実費
区域技術役員 基=5,000円
特=3,000円
用器具検定 基=2,000円
宿泊を伴う派遣
区分 日当 作業手当 宿泊費 旅費
検 定 員 1日
5,000円
泊数+1
基=7,000円
特=5,000円
14,000円
[申請者が直接宿泊施設に支払う場合は除く]
実費
区域技術役員 基=5,000円
特=3,000円

基=基本作業手当
特=特別作業手当(早朝、深夜、公道の作業の割増)

  • 作業手当は1件につき、1回とする。
  • 現地指導も同様の扱いとする。
  • 食費は日当及び宿泊費に含まれる。

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor